large_main


twitterまたはLineのフォロー(読者登録)をお願いします。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
 

[イコラブ] 「偶像音楽 斯斯然然」第43回 スゴいボーカリスト10人……野口衣織(=LOVE) 精確、丁寧、絶妙 - Pop’n’Roll

851: 2020/11/07(土) 14:46:31.23 ID:qLeNs9TM0 [4/4]
=LOVE 野口、神宿 塩見、BiS ネオ……「偶像音楽 斯斯然然的 スゴいボーカリスト10人」 - Pop'n'Roll(ポップンロール)
large_main



11月1日(日)の『関ジャム 完全SHOW』「令和のアイドル界 スゴいボーカリスト10人」の放送を受けて、今回は当コラム的視点で「スゴいボーカリスト10人」をピックアップ。野口衣織(=LOVE)、塩見きら(神宿)、ネオ・トゥリーズ(BiS)など、今、注目してもらいたいニューカマーな気鋭のボーカリストたちの魅力を紐解いていく。


野口衣織(=LOVE) 精確、丁寧、絶妙
medium_noguchi2

=LOVEをちゃんとしっかり聴き始めたのは比較的最近のことで。なんとなく“実力派”とは聞いていたが、正直ここまで歌えるボーカリストだとは思ってもなかった=LOVEの野口衣織。

夜に駆ける / YOASOBI covered by 野口衣織

音程と符割りと発音、この関係性が精確。音の動きと言葉、そしてリズムの置き方に至るまで丁寧。そして綺麗な歌声。しかしながら、この手の優等生スタイルは“歌はウマいんだけど、聴いていて面白みに欠ける”になってしまうことも少なくない。だが、彼女の魅力は加えて、声量がほぼ一定なのに、きちんと強弱を以って付けている緩急の波が見事なのである。音楽用語の“フォルテ”は大きくではなく“強く”だということ、“ピアノ”は小さくではなく“弱く”だということ。それをちゃんと理解して実践できているボーカリストは、実際そう多くないのである。

YOASOBI - 夜に駆ける / THE HOME TAKE

というか、このカバーは本家を聴くと、野口によるその楽曲理解度のすごさがわかるはず。

コネクト / ClariS covered by 佐々木舞香×野口衣織

聴きやすくあり、飽きさせない。この絶妙さがなんとも素晴らしい。







なるほど…







関連記事

  • [ノイミー] 「偶像音楽 斯斯然然」第42回 津野米咲の稀代な作家性と……期待の可能性、≠ME「指原プロデュースの真髄」 - Pop’n’Roll
  • [イコラブ] 「偶像音楽 斯斯然然」第39回 K-POPトレンドがもたらすJ-POPアイドルの形『=LOVE「CAMEO」J-POPによる見事なK-POP咀嚼』 - Pop’n’Roll
  • [イコラブ] 「偶像音楽 斯斯然然」第37回 2020年夏を盛り上げる攻めに攻めた曲8選「=LOVE「CAMEO」得体の知れない異国風ハウス」 - Pop’n’Roll


  • 関連リンク