equallove146_feuture_img03


twitterまたはLineのフォロー(読者登録)をお願いします。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
 

HUSTLE PRESS「=LOVE(イコールラブ)連載 私服でポン!(秋編)」1人目 髙松瞳

井上朝夫@HUSTLE PRESS編集長@HustlePress
=LOVEに髙松瞳あり。「HUSTLE PRESS」https://hustlepress.co.jpにて、=LOVE連載「私服でぽん!」を公開。1年の休業を経て髙松瞳が帰ってきた! 撮影はブランクを感じさせず、笑顔も炸裂! 髙松瞳の〝髙〟の字は〝はしごだか〟です!
#髙松瞳 #イコールラブ #イコラブ
EkHg5opUcAYrsii


=LOVE(イコールラブ)連載 私服でぽん! 1人目 髙松瞳
equallove146_main
お待たせしました。=LOVEメンバーの私服グラビア連載の秋篇に、1年に渡る休業が明けた髙松瞳が帰ってきました。服には特にこだわりはなく、かわいいと思ったのを買ったそうですが、撮影はブランクを感じさせず絶好調でした。
equallove146_feuture_img02
equallove146_feuture_img03
equallove146_feuture_img04
家でダラダラしていたのが
復帰が決まって1日で切り替えました
 
 
――復帰した9月の3周年記念コンサートの楽屋では、どんな感じで出番を待っていたんですか?

「1年前と同じで、いつも通りな感じでした」。

――1年ぶりのステージとなると、緊張しませんでした?

「しなかったです。もともと、あまり緊張しないタイプなので。でも、当日は時間がタイトで、みんなで確認しなきゃいけないところを頭に入れて臨んだんですけど、リハーサルでは指原(莉乃)さんがいらっしゃったのがステージから見えて、緊張しました」。

――事前のレッスンでは、休業中にリリースされた「CAMEO」の振りが難しくて珍しく泣いた……という話が、YouTubeチャンネルの佐々木舞香さんのラジオで出ていました。

「難しかったというか、12人バージョンを作っていくときに私は振りが入ってない状態で、みんなで集まってやりながら覚えるつもりだったんです。でも、振りが入ってないと立ち位置も全然わからなくて、『やっぱり無理でした。ごめんなさい』となりました」。

――休んでいる間は「ほぼ毎日家で過ごした」とのことでしたが、家で何をしていたんですか?

「何もしていません(笑)。1年くらい、ずーっとボーッとしていました(笑)」。

――イコラブの活動は見ていたんですか?

「見てました。私から見て、イコラブがどんどん人気になって、有名になっていくので、すごいなーと思ってました」。

――ある時期からは「早く戻りたい」モードになったり?

「休んだときから『絶対に戻りたい』という気持ちではいましたけど、なかなか実現できない期間があって。そういう間は、無理に『戻らなきゃ』と思わないようにしていました」。

――休業に入るとき、指原さんが「お休み中にしかできない素敵な経験をしてほしい」とコメントしていました。そういう経験はできました?

「したかったんですけど、自粛期間もあって、どこにも行かなかったし、ほぼ何もしていません。強いて言うなら、お休みに入った後の10月とかに、ちょっと地元の友だちと会ったくらいです」。

――瞳さんは映画好きですよね? いろいろな作品を観たりはしました?

「配信で結構観ました」。


続きはこちら↓↓



直筆サイン入り自撮りチェキ応募はコチラ⇒







関連記事

  • HUSTLE PRESS「=LOVE(イコールラブ)連載 杏奈でぽん!(9月)」山本杏奈
  • HUSTLE PRESS「=LOVE(イコールラブ)連載 沙夏でぽん!(9月)」諸橋沙夏
  • HUSTLE PRESS「=LOVE(イコールラブ)連載 衣織でぽん!(9月)」野口衣織
  • HUSTLE PRESS「=LOVE(イコールラブ)連載 笙古でぽん!(9月)」瀧脇笙古
  • HUSTLE PRESS「=LOVE(イコールラブ)連載 のん乃でぽん!(9月)」佐竹のん乃


  • 関連リンク